登录  
 加关注
查看详情
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

魔法大陆·法鲁西翁

不会再更漫画了,大家再见。

 
 
 

日志

 
 

机动战士高达OO G-ROOMS第06回『在纷争的阴影中反复进行的极秘实验』  

2010-03-21 11:24:17|  分类: OO G-ROOMS |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

G-ROOMS第06回:在纷争的阴影中反复进行的极秘实验 - 雷欧纳德 - 魔法大陆·法鲁西翁
水島
   
この企画もメインデザイナーが一巡して、いよいよアニメーター西井正典さんの登場です。描いてみていかがでしたか?

 

西井
そうですね。まず何をどう描くか? ということで悩みました。

デザイナーさんは企画の成り立ちからデザインに携われているわけですけど、作画の現場の立場からするとアレンジを勝手にやるわけにはいかない難しさもあります。

 

水島
西井さんは元のデザインを尊重されますよね。デザイナーにとっても、凄く嬉しいことだと思います。

 

西井
そこで、ものすごく王道なんですけどOガンダムを選びました。

 

水島

こういった王道なチョイスは、実はデザイナー陣だとなかなか出てこないんですよ。この企画に、アニメーター陣にも参加してもらいたかったのは、ギミックやデザインだけではない視点から世界を描いていただきたいという意図があるんです。そもそも企画の趣旨は、『機動戦士ガンダム00』の世界の一瞬を切り取ること。1つのシーンでドラマを語ろうという趣旨なので、シチュエーションを描くという点においては、デザイナーよりアニメーターのほうが慣れているんですよね。
さて、今回のイラストはOガンダムとアンフということで、ファーストシーズンの第1話を想像させますね。

 

西井

ええ、同じテスト段階ではあるんですが、実は第1話とは異なるシチュエーションです。第1話以外にも、戦闘試験が行われていたというシーンです。刹那を救ったとき、Oガンダムはビームガンを使っていましたが、あの時代でGNドライヴを積んだモビルスーツならば、ビームサーベルのみでも十分戦えるはずですよね。ビームサーベルの性能実験として、武力介入を別に行ったというシチュエーションです。

 

水島
外伝では、何度もテストを重ねているという話だし、可能性としてイメージが膨らみます。夜っていう状況もドラマチックですよね。

 

西井

ガンダムという作品は、真昼の戦闘が多いんですけど、夕景とか夜は絵的に映えるんですよね。透過光があったり、爆発が起こったりとか、画面が暗いほうが見栄えがいいんです。

 

水島

巨大なものは、必然的に下からライトを当てることになるんで、巨大感が一層引き立つんですよね。モビルスーツの襲撃があれば投光機で光を当てるだろうということも想像できますし。そういう意味では、ナイトシーンは絵として映えるし、面白いですよね。

 

西井

巨大なものが夜に出現するっていうシチュエーションは、不気味で存在感があっていいですよね。それに加えて、今回、ナイトシーンを選んだ理由にはGNドライヴもあります。『00』世界のガンダムは光りモノがたくさんあるので、あえて暗いシチュエーションのほうが合う場合もあると思うんです。

 

水島

その雰囲気は出ていますよね。またビームサーベルがこれほどディテールが濃く見えるっていうのは素晴らしいです。動いている本編中だと、なかなかこういうシーンは見せにくいんですよ。特に『00』はストップモーションをあまり使っていないので、すごく新鮮に映ります。

 

西井

自分の中で思うガンダム像みたいな部分を、ちょっと絵にリスペクトさせている部分もありますね。大河原邦男さんがデザインしたという意味も含め、Oガンダムは象徴的な存在だと思っていますので。

 

水島

そこはOガンダムを発注したときに抱いていた僕の気持ちと近いですね。せっかくガンダムに携われるんですから、リスペクトとしてRX-78ガンダムのような機体を作品に出したかった。しかもそれを作品世界で最初のガンダムと名のつくモビルスーツにしたかったので、そうお願いしたんですよね。もともとGNドライヴのコーン等の記号部分は別の形状で、あとで変更していただいたのですが、まったく違和感がなく仕上がっているのはさすがだなと思いました。

 

水島

西井さんのお名前を意識したのは、劇場版『サイレントメビウス』(91)の頃なんです。今回はメカ作画監督として入っていただいたんですけど、もちろんキャラクターも描かれる。僕らぐらいの年齢の業界の人間からすると、「すごい人が入ってくれた!」って驚きますよ。

 

西井

いえいえ、年の功なだけですよ(笑)。

 

水島

大貫健一さんとふたりで、スタジオの空気を変える存在でした。ベテランのすごさを見せてくれたというか。千葉(道徳)君をはじめ、みんな「西井さん、すごい」って感じていたんですよ。今回もかなりの話数をお願いしていますよね。

 

西井

全話数の1/5ぐらいじゃないですかね。

 

水島

では、ほとんどのモビルスーツは描かれているんじゃないですか?

 

西井

いえ、Oガンダムもそうですが、ナドレも描いていないですね。逆にセラフィムは3回出ているんですが、全部私が担当した回です(笑)。

 

水島

セラフィムは変形シーンもすごくよかったですよね。

 

西井
あれは原画を担当していただいた塩川貴史さんのお力ですね。

 

水島

たしかファーストシーズンの第3話もご担当されていますよね。あのティエレン飛行型の超デザインが登場したエピソード(笑)。

 

西井

あれはすごかったですね(笑)。

 

水島

寺さん(寺岡賢司氏)は、あのあと、タクラマカンでも(ファーストシーズン第15話)にも飛行型を使うって言っていたら、「あれはアニメーターさんが大変だ」って、頼んでないのに高機動型のB型を描いてきたんですよ(笑)。僕がコンテで描いた飛行型の旋回シーンを見て、よほど危険と思ったらしくて……。第3話は、ちょうど第1話、第2話でミリタリー色を押し出していたところから、ちょっと加速させた話ですよね。『ガンダム』は、どこまでやっていいのか、僕も迷いのある段階でコンテを描いていて、ちょっと模索し始めたエピソードでした。

 

西井

どの作品もそうですけど、最初の1本、2本は作品に慣れがないから難しいんですよね。実際のところ、作品の世界観を含めて、表現の仕方がのみ込めて、実際に画面に反映され始めたのは、3本目であるファーストシーズンの第13話からでしょうか。

 

水島

たしかにファーストシーズンの第13話あたりから、僕もいろんな意味で吹っ切れてきたころですね。ちょうど第12話、第13話で、助監督に角田(一樹)くん、長崎(健司)くんが合流してくれて、意思疎通の早いスタッフが中心に来てくれたことで、その後のブレがなくなっていった。たしか第13話は長崎くんと初めて組んでもらった回ですよね。すごく彼のことを買ってくれて、もうずっと同じチームでやってもらおうってことになったんですよ(笑)。

 

西井

長崎さんのコンテは、芝居の意図しているところがわかりやすいので、よく伝わってくるんですよね。

 

水島

キャラクター化されているというか、なぜこういう動きがほしいのかが明確なんですよね。

 

西井

あとは、ファーストシーズンでいえば、第23話が思い出深いですね。ファーストシーズン最後の担当話数でしたし、メカの物量が群を抜いて多かった。たぶん、担当話数でどれが一番大変か? っていわれたら、絶対23話です(笑)。

 

水島

あのエピソードは、作っている最中でもクオリティの高さが感じられたので、第24話、第25話は相当なプレッシャーだったんですよね。

 

西井

ロックオン(ニール)の最後の登場回ですから、お話がよかったことも含めてそう感じますよね。

 

水島

シナリオもこだわって、セリフも相当吟味しましたからね。そういう意味ではチームワークの勝利じゃないですかね。みんながいい仕事をしたという。『00』はそういうことが多かったんですよ。西井さんをはじめ、大貫さんやベテランのスタンスが若いスタッフにとても大きな影響を与えている。スタッフの士気が上がったのは間違いないですね。

 

水島

西井さんは以前にも『ガンダム』に参加されていますよね。やはり他の作品と違うものを感じられますか?

 

西井

いろんな意味で注目される作品ですよね。それだけに覚悟は必要でした。確実に見てもらえる作品ではあるんですが、いいことだけじゃなく、悪いことも反応がダイレクトに返ってくるんで、がんばらないとまずいなって思いました。特にガンダムはいろいろな作品があって、作品ごとにカラーが違います。今回の作品はどういう世界で、どんな表現を求められているのか。うまく理解して表現すること、そこが一番気をつかいます。

 

水島

最近参加されたガンダム作品だと、『機動戦士ガンダムSEED』になりますか?

 

西井

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ですね。『00』に関しては、まず『SEED』シリーズとは何が違うのか。そこをつかむのが大変でしたね。

 

水島

デザイン的にも『00』メカはまたちょっと変わっていますからね。

 

西井

そうですね。たとえばスローネとか、フラッグとか、プロポーションが人型をちょっと逸脱しているバランスのメカもいますからね。それに人型のアクションをさせると、どういうふうに動かせばうまくいくのか。そこは試行錯誤がありました。

 

水島

コンテを描いていても、スローネはこんな感じかな? って、ついアバウトになってしまうところもありましたね。

演出家は、よほどメカの細かい部分が飲み込めている人じゃない限りは、どうしても自分の根本にあるものがベースになります。多くは人の演技をベースにしたり。それをメカに詳しいアニメーターの方に絵にしていただく際に、その齟齬は当然出てしまいますよね。たとえばティエレンも難敵だったように感じますが。

 

西井

先ほどお話に出た飛行型とはちょっと違う難しさなんですけど、ティエレンは歩くじゃないですか?あの形を維持したまま、ゆっくりと動く。重量感を見せるのは地味に難しいんです。ただ、存在感は相当なものです。ガンダムの相手役としては、安心できるフォルムですよね。

 

水島

まぁティエレンは劇場版にも、ちょこっと出ているんで(笑)。ファーストシーズンの最初は、明確にモビルスーツの性能差を見せるために、ティエレンは相当ゆっくり見せていましたもんね。イナクトやフラッグよりもエクシアのほうが速かったですから。ジンクスが出て戦局が一変する……っていう状況を作りたかったんで、後半のほうはハイスピードバトルになっている。そういう意味では、後半のほうがやりやすくなっていますよね。他には苦労したところってありますか?

 

西井

メカの物量が圧倒的に多いことでしょうか(笑)。制作スケジュールに合わせて、その物量をどうこなすか。それが一番難題だったと思います。

 

水島

本当にありがとうございました。『00』の場合、プラモデルとの密な連動を実践するために、メカは毎回きっちり出すというコンセプトだったんですが、全体的に暴走気味でした……(笑)。ただ模型は相当評判もよかったみたいで、作画でしっかりといい部分を見せられていた効果が出ているなと感じますね。

 

西井
そういっていただけるとありがたいです。

 

水島

ガンダムはブランドですからね。まず商品との連動をしっかりとやるべきだろうというのは、最初からありました。そもそもガンダム以外のメカ作品は玩具メーカーがスポンサーにつかない場合が多いんですよね。そこをもっと獲得するためには、フラッグシップのガンダムがきっちりとやろうと僕からもアピールしたぐらい。バンダイのホビー事業部のスタッフにも早めに参加してもらって、本編でとれるポーズをプラモデルで全部再現する方向で進めていましたからね。そこへメカに愛着を持っているアニメーター陣ががんばってくれたおかげで、ファンも盛り上がって良い結果が出て、劇場版にも辿りつけた。西井さんは、その一端を確実担っている方なんです。

 

水島
次回は西井さんと共に作品をけん引してくれたアニメーター、中谷誠一さんですね。

 

西井

本当は先に出ていただきたかった(笑)。やはり中谷さんはメインで携われている方ですから、中谷さんが手がけた話数には刺激されます。どうしても自分の味が出てしまうのは仕方ないんですが、メインでやっている方の表現に、もっとうまく合わせたいって常々思いますね。

 

水島

いやいや、完璧だったじゃないですか。中谷さんは最初、『コードギアス』にも携われていたので、かなり大変な状況でした。そういう意味では、だれが作画を引っ張っていってもいいっていうボーダーレスな部分はあったと思いますよ。その状況によって、若手とベテランがうまく化学反応を起こして、みんなががんばってくれた。これは『00』にとってもとても幸せなことだと思いますよ。

 

文/河合宏之-写真/山下秀郎

 

 

  评论这张
 
阅读(1724)| 评论(0)

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018